ボトックス注射前に知っておきたいコト【副作用の発症率は低い】

定期的な注射が必要です

注射器

痛みや腫れなどがあります

ボトックスは筋肉にある神経を麻痺させ、注射された部位を弛緩させることが可能です。緊張から固くなった筋肉を弛緩することによって、関節をスムーズに動かしやすくすることができます。ボツリヌス菌そのものを注射するのではないので、菌に感染する危険もありません。注射を行うことができる病気はいくつかあり、例えば眼瞼痙攣や片側顔面痙攣、上肢痙縮や発汗異常などがあげられます。脳卒中などの後遺症における手足のつっぱりやこわばりなどにも対応することができ、美容目的以外にも注射が適応可能です。ボトックスにはいくつか副作用があり、主な症状として脱力や注射部の痛み、筋痛や発疹などがあげられます。腫れや内出血など薬の効果が強く現れた結果ととらえられていて、効果が弱まると元の状態に自然に戻ることが可能です。これら以外にいろいろな副作用が予想されるので、何か異変を感じたら主治医に連絡することをおすすめします。注射した後スピーディーに神経に取り込まれ、2〜3日後ぐらいから次第に効果を実感することができるでしょう。効果は3〜4ヶ月持続することができ、しばらくすると注射する前の症状のようになってきます。効果を維持したいなら定期的な注射が必要です。ボトックス注射にはいろいろな効果があり、例えば眉間や目じりにあるシワを改善することが可能です。エラに注入をすると小顔効果があり、多汗症の治療に効果があります。一定期間がたつと元の状態に戻るので、もし仕上がりに満足いかなければそのままにしておくと元の状態に戻るので安心です。ボトックス治療の流れとして、まずカウンセリングから始まります。医師が利用者の悩みや不安・状態などを確認してくれ、部位や症状などに応じて最適な注入量や方法などを決定することが可能です。カウンセリングした後注入の準備を行い、注入する部位には手術用ペンを使ってマーキングを行います。医師が筋肉を確認しながら注入し、施術はだいたい10分で完了するでしょう。注入した後、基本的に赤みや腫れなどの副作用はほとんどありません。仕事帰りに立ち寄ることができたり、メイクをしてから帰宅したりすることが可能です。即効性があるので数日すると効果を実感することができ、短期間で理想のフェイスラインやお肌の状態を改善することができます。目的の病院を見つけるとインターネットにある公式ホームページから予約することができるクリニックが増えているので便利です。施術を受けるため予約を行い、中には無料でカウンセリングだけ利用することができるクリニックもあります。カウンセリングにおいて施術内容やスケジュール・副作用などに関して相談すると良いでしょう。